アレックスアンドカンパニーのスタッフによる知的探訪の旅

『2022 これから10年活躍できる人の条件』を読んで【未来を予測するための本】

今回は、『2022 これから10年活躍できる人の条件』を読んで、その感想をお伝えしていこうと思います。今回の『2022 これから10年活躍できる人の条件』ですが、知り合いの方に紹介していただき、読んでみることを決意しました。

読後の感想としては、「すでに知っていることもあれば、驚きの事実も記載されている」ような本でした。まあ書かれたのが2012年だったので、書かれている内容は少し古いものもあり、そこは残念でしたが、筆者の神田昌典さんの基本的な考え方には共感できました。

ここからは、個人的に「ひょっとしたら皆さんのお役に立つのではないか?」と思った内容をシェアしていきます。普段からお忙しく、あまり読む時間が取れない方にとっても読みやすく書いてありますので、ご覧いただけると幸いです。

それでは早速始めて行きましょう!

 

目次

  • 実は歴史は繰り返されている!?
    • 70年周期説とは
    • イン・フォメーションからエクス・フォメーションへ
  • 儒教経済圏にある日本だからこそできること
    • 外国人から見たらそれほど大差ないアジア人
  • 結論:何かしらの革新的な行動が大切

 

実は歴史は繰り返されている!?

本書『2022 これから10年活躍できる人の条件』では、初っ端から衝撃の内容が紹介されていました。それが、「未来は実は見通すことができる」という記述です。

皆さんは、ドラえもんに出てくる「タイムマシン」を欲しいと思ったことはありませんか?競馬で勝ち馬に賭ける時、宝くじを購入する時、大事なテストが控えている時など、未来を見通せたらどれだけ楽なことか!人生、未来を見通すことができた者勝ちですよね。

そんな未来を見通すためのツールが現実に存在するということを、本書『2022 これから10年活躍できる人の条件』は指摘しているのです。それが、これからご紹介する「70年周期説」です。

70年周期説とは

70年周期説とは、文字通り「歴史は70年周期で繰り返される」ことを指摘する学説です。これまでの歴史を振り返ると、70年周期で価値観の破壊や既存の体制の破壊などの動きが起こり、一つの時代に区切りをつける動きが繰り返されているのです。

例えば、今からおよそ70年前の出来事を思い出してください。1945年には第二次世界大戦が終結し、日本はそれまでの価値観を捨て去ることを余儀なくされました。ちなみに、大戦中の日本の失敗をまとめた記事は『失敗の本質 日本軍の組織論的研究を読んで』に掲載してありますので、よろしければこちらもご覧ください。

話は戻りまして、1945年の70年前に起こっていた出来事は何でしょうか?歴史が得意な方はもしかしたら思いつくかもしれませんね。そう、明治維新です。

明治維新の定義には様々なものがありますが、ここでは1868年の明治への改元から1877年の西南戦争終結までとします。

明治維新では、江戸時代の封建制度が崩壊し、資本主義社会への大転換が実現しました。

さらにその70年ほど前には、松平定信の寛政の改革(1787年〜1793年)が行われました。これは、旗本・御家人の負債を救済することを目的として実施された政策でした。

さらにその70年ほど前には、徳川吉宗の享保の改革(1716年〜1745年)が行われました。貨幣経済の発達に伴って、逼迫した財政の立て直しを目的とした政策で、今でいうところの税金にあたる「年貢」を引き上げたり、治水や新田開発を推し進めたりしました。税金をあげて公共工事を推し進める…。今でいうところのアベノミクスに似ていますよね。

さて、70年周期説をまとめると、以下のようになります。

  • 1716年:享保の改革
  • 1787年:寛政の改革(71年後)
  • 1868年:明治維新(81年後)
  • 1945年:終戦(77年後)
  • 2018年:現在(73年後)

そろそろ、何かしらの革新的な変化が起こってもおかしくないと思いませんか?

イン・フォメーションからエクス・フォメーションへ

この本を読んでいて、一つ「このブログを書いていてよかったな」と思ったことがあります。それは、「これからの時代はイン・フォメーションからエクス・フォメーションへ向かっていく」という記述を目にしたことです。

インターネットが当然ではなかったこれまでの世の中では、「いかに正確な情報を素早く入手するか」ということが大事になっていました。これまでは、何をするにせよ情報を入手することがボトルネックになっていたのです。

しかしながら、携帯電話やスマートフォンの所有が当たり前になった昨今、情報の入手は非常に容易になりました。大事な点が、「いかに情報を入手するか」から「いかに情報を発信していけるか」ということにシフトしつつあるのです。

私がこのブログを書く最大の目的は、「知識のアウトプットとコミュニティでの共有」です。私自身が仕入れた情報を、いかにわかりやすく皆様にお伝えできるかということを考えて、このブログを書いています。

有益な情報を皆様が共有し、さらに皆様がお知り合いにシェアしていくと、なんだかハッピーな世界が作れると思い、執筆を続けています。ですので皆様、記事がいいと思ったら、シェアをしていただけると助かります(モチベーションにもなりますし笑)。

今後は、エクス・フォメーションの時代です!

 

 

儒教経済圏にある日本だからこそできること

これからは日本は下火だという意見が散見されます。実際、私も就活中はそう思っていました。だから、世界で活躍できる力を身につけるために外資系の会社に入社を決意しましたし、日々勉強に勤しんでいます。

しかし、私が現在住んでいるのは日本です。家族も日本にいますし、家庭の事情からなかなか外国で暮らしていくのは難しいです。私と同じような境遇の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな下火と言われる日本だからこそできることはないのでしょうか?結論からいうと、たくさんあります。あとは行動に移すかです。

例を挙げれば、一つは「病を減らすような解決策をいかに打ち出せるか」です。私はど素人なので「タンパク質とはそもそもなんぞや」という初歩的なところから読書を始めていますが、人口減少が進んでいくことが予想される日本において、先進医療の研究は今後世界的に活かすことができるのではないでしょうか?

外国人からみたらそれほど大差ないアジア人

私たち日本人は、よく欧米の方々から「アジア人」と言われます。オンライン英会話の講師の方などは、日本人、中国人などの区別をしてくれますが、意識的に区別してくれているのでしょう。

本書では、私たち日本人は、周囲のアジアの国(韓国や中国、北朝鮮など)と一括りにされる傾向があると指摘しています。

そんな私たちアジア人の共通点は、「儒教」だそうです。各国で立ち位置や重きをおく思想に若干の違いはあるものの、根底にある思想は儒教に基づいているそうなのです。ちなみに、儒家の一人、孔子が書いた『論語』をビジネス教養としてまとめた記事はこちらにありますので、よろしければご覧ください。

そんなアジアの中でも、最も人口減少が予測されているのが日本です。医療など、特定の分野ではこれから覇権を握っていくのではないでしょうか。

 

 

結論:何かしらの革新的な行動が大切

今回は、『2022 これから10年活躍できる人の条件』を読んで、その感想をお伝えしてきました。何にせよ、これからは既存の価値観が崩れる未来が訪れることが予測されているのです。結局私たちにできることは、如何に周りに振り回されることなく革新的な行動を取ることができるか、ということに尽きるのではないでしょうか。

まだ私自身、行動を起こせるほどの力を備えていないので、偉そうなことは言えません。しかし、いずれはそうした動きを先導できる人材になっていたいと強く願っています。

今回の本が気になる方は、以下のリンクからご購入を検討してみてはいかがでしょうか。少し前に書かれた本だからこそ、その予測の正確性にびっくりされると思いますよ!

それでは、次回もお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です