SEO

SEO 外部要因への対策

お待たせいたしました。

数日前より、外部要因について書こう書こうと思ってはいたのですが、ついつい他のことを書いてしまいまして、なかなか書けていませんでした。

今回は、SEO 外部要因の概要と、その対策について書いていこうと思います。

外部要因って何?

そのまま読むと、「外部からの要因」ということになりますね。でも、普通に考えてwebサイトの外部からの要因って何よ?ということになります。

私が調べた印象では、外部要因とは「外部の人々からいかに信頼できると思ってもらえたかを図る指標」であると考えられます。

ここで根本に立ち返ると、Google自体がそもそも「ユーザーに役立つサイトを表示しよう」として検索結果に優先順位づけをしているので、ある意味これは当然存在する指標であると言えます。

また、もしも自分自身が友達に何かを紹介するとき、「これはいい!」と思ったものしか紹介はしないと思います。こういった構造が、webマーケの世界でも行きているのですね。

では、何が「役に立つ」と思ってもらえる指標になるのでしょうか?

それは、外部のウェブサイトから自分のwebサイトにリンクをしてもらうことに限ると思います。

実際に、毎度おなじみwebサイトヲタクのロボット(クローラー)は、サイトを評価する際に「いかに外部のサイトからリンクを貼られたか」という指標を持っています。

ということは、人気者であればあるほど、検索結果の上位に表示されやすくなる、ということですね。

しかし、それを逆手にとって、「それじゃあ、めちゃくちゃ多くのサイトからリンクを貼ってもらうために、外部からのリンクをむやみに多く貼ってもらえればいいじゃん」という意見が出てもおかしくないと思います。

私自身も、「知人などに頼んで、むやみやたらとリンクだけ貼ってもらったもん勝ちになるんじゃない?なんなら、リンクを貼りますというビジネスをやって、お金を儲けている人もいるのではないか…。でも、そういったことはこれまで聞いたことがないなあ…。」とも思っていました。

これは調べてわかったことなのですが、ただむやみやたらとリンクを貼っても、意味がなくなってきているらしいです。

https://dmlab.jp/seo/out.html

流石に天下のGoogleですから、そういったところも抜けがないですね。

というのも、不自然なリンクが貼られているとGoogleも気づいて、いい評価を与えないそうです。なので、むやみやたらと不自然なサイトからのリンクが多くなっても、効果としてはあまりいいものは期待できないでしょう。

じゃあ、結局どうすればいいの?

元々の論理としては、「十分な内部対策をすれば、信頼性も上がり、ユーザーの目に止まりやすくなる。ユーザーはそれを【信頼のできるもの】とみなして、リンクを貼る。」ことで、外部リンクを獲得してきたそうです。これが、いわゆる「自然発生的な外部リンク」ということになるのですね。

つまり、より多くのお客様の目に留まらせるためには、次のような優先順位で物事に着手すべきであろうと考えます。

  1. 徹底的な競合分析
  2. 適切なhtmlコーディング(内部対策)

この二つの結果として、外部要因がついてくる、と理解すべきだと思います。

また、以下に面白い言及を見つけました。

内部要因30%:外部要因70%で、
最近のエンジンは外部要因を重視

さて、「どちらが重要か」であるが、ここ最近の検索エンジンの評価は、外部要因のほうをより重要視しているようだ。検索エンジンの複雑難解なアルゴリズムについて、簡単に数値化などできないのだが、感覚値をあえて数値にするのであれば、内部要因30%:外部要因70%というところである(正しい方法で実施していることを前提として)。

“自社のサイトを上位に表示させたい”という意志を持ってがんばっているWeb担当者が大勢いる中で、自力での対策が難しい外部要因の評価を重要視したほうが、ウェブサイトを公平に評価できる、という判断なのであろう。

https://webtan.impress.co.jp/e/2007/03/23/741

つまり、外部要因は、いかに自分たちの施策に共感を得られたか、ということを示す指標であり、自分たちで向上させるものではありません(「外部」なので当然かな?)。

もしも自分がコンサルタントとして、SEO対策を頼まれたら、「競合分析」と「適切なコードの記述」をすべきだ、という提案を心がけたいと思います。もちろん全てのケースでこの策が当てはまるというわけではないでしょうから、柔軟には対応しますが、あくまでマインドとしては持っておくべきではないか、と思うのです。

つまり、まず私自身が鍛えるべきは、提案力とコードを書く力である、ということにもつながります。

一旦外部要因についてはこのくらいにして、次回は統計学について、また、htmlのアウトプットもしていきたいと思います。

本日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です